「キャッスル ミステリー作家のNY事件簿」シーズン5 第18話を見て

アメリカドラマ「キャッスル ミステリー作家のNY事件簿」シーズン5の第18話を見ました。
登場人物の中ではかなりの優男の部類に入るライアンの、意外ともいえる過去が明らかになってとても興味深かったです。実はかつて1年以上かけてマフィアに潜入捜査をしていたことがあり、今回その関係者に関わる事件が発生したため、再度潜入を試みるというストーリーでした。
ライアンは既婚者だし、どうしても屈強なエスポジートと比べると弱々しく見えるので心配になりますね。でもけっこう覚悟の決まった顔をしていたので、男らしい一面もあるんだなと少し見る目が変わりました。ラストで犯人たちを一網打尽にしたのには、スカッとした気分になれました。
それにしても、7年前にライアンがこんなにせつない恋愛をしていたとは、見かけによらず苦しい過去を抱えているものなんだなぁとしみじみしてしまいます。無事に帰ることができて、さらには妻の妊娠も発覚するという幸せな結末にはホッとしました。

耳をやられるtお気持ち悪くなったりします

美容室も、徘徊して見つけてみると、たくさんのところがあったりします。ないところでっは、探すのが大変な時もあるのです。見つけたと思っても、こちらが移動してりして、また、さがすということです。歯医者さんも同じですよね。歯医者さんも怖いので、いい歯医者さんが見つかると、どうしても、そちらが好きで言ってみたくなるのです。デリケートな分野はみんなそうかも知れないです。
散髪で、串で耳をざくりとやられるのが嫌ですね。それもわざとかもしれません。やらないところではないですから。気持ちまでも悪くなって履きそうになったりします。丁寧なところ。最近は、なんでもそのようなところがすきです。
安いよりも質ですね。もちろん、初めての時には、耳が感じるので、優しくお願いしますと行ってしまいます。今では、なんでも顧客のニーズがメモされているかもしれません。とても、気にいると安心して使うことができました。
キーワードは丁寧ですね。カードローン ばれない