帰ってきた2名称の邦人投手から目が離せない

 今年は、前田健太投手が中心リリースし、奮戦を見せていて著しく楽しみな通年となりそうですが、前年けがで決戦にでれずに悔しい思いをした、2呼称がむしろきましたね。田中将大投手とダルビッシュ投手。田中将大投手は、あまり速度がとことんなさそうでも敢然と止めるところがさすが凄いし、リライアビリティが甚だしくでてきて、中心にも慣れてきた感覚で、チームからも必要とされるスポーツマンとなってきました。そして、過日通年と約半年ぶりに中心のマウンドに戻ってきたダルビッシュ投手ですが、凄い返り咲き劇で感動と共に感動しました。肘のオペレーションの直後が剰余不安でしたが球速もぜんぜん落ちて無く、打者もバットに割りふることのできないスライダーは天下一品ですね。少々、5回までのマウンドで級数も80球の特別もあるようですが、これからに100球を超えてくるのではないかと思います。支えからもファンからもお祝いされてチームの切り札として今後も見越しが膨らみますね。邦人投手奮戦お願いします。