生活困窮者への生活保護と食糧支援について

現在進行形でさまざまな社会問題が起こっていますが、どれも複雑な要因があったりします。
ただ、その中でも、問題の大きさや将来的な影響の大きさで、ひときわ大きなものが格差社会や生活困窮者の増加だと思っています。
いつからか生活保護を受ける世帯が増加しているというニュースを聞くようになりました。
私や私の身の回りの親戚ではそういった世帯はないのですが、学生時代の友だちの中にはそういう世帯もあったかもしれません。
「私んち、生活保護を受けてるんだ」と言うような話は、世間知らずの子どもでもしないでしょう。
ただし、生活保護と生活困窮者には強い関連があるし、そこが格差の最も生まれやすいところでもあると思います。
いろいろな支援の形が考えられますが、最近では、食糧支援をいう方法も増えているのだそうです。
私たちは生きる食べなければならないが、食べるのに苦労するほど困っている人たちが、いま実際にいるのです。
毎日食べ物とお金のことばかり考えているのは相当に辛いものだと思うのですが、そのうち一つが解決されるのはとても負担が軽くなると思います。http://www.sleeekingenting.biz/login-yoyaku.html

高校生、大学生のアルバイト禁止のところが多いですね。

 最近、街中を歩いていると求人の広告や張り紙をよく目にしますが、学生は不可というのが目につきます。中には大学生も不可という所もあるみたいですね。それはいいことだと思います。私としては学生のうちはしっかりと勉強して部活動に精を出した方がいいと思います。学生が無暗にお金を握ったりするとろくなことに使わないですし、犯罪が多くなるだけだと思います。高校の大半はほとんどがアルバイト禁止になってるところが多いです。それか許可がないとできないようになっています。それはいいと思います。前によくあったのが学生が勤務してるフェミレスやコンビニ行ったことがあるのですが態度が悪いこと悪いことに驚いたことがあります。さすがにその時は頭にきたのでそれもういらないですからお金を返してくださいと言って店長さんに激怒したこともあります。それからしばらくしてそのお店は潰れましたけどね。そんなことがあったこともあります。それとクラウドワークスやネットでやれるオークションも学生は不可にしてもらいたいですね。態度が悪いですよ結構ね。