またこむら返りが頻発するかと思うとちょっと怖い

時々寝ているときにふくらはぎが痛くなって起きるときがある。最近ではその痛さで起きるということまでですんでいるが、これがひどいときのこむら返りになるとそりゃー七転八倒で、もう痛いのなんのっていってもう勘弁してくれってはいずりまわって、壁に脚を押し付けて伸ばして速く治ることを祈るだけという状態が続く。
この状態になると、不思議と癖になるのか何日も続くわけで恐怖である。ひどいときになると夜寝ている状態とかじっとしている状態だけじゃなくて外を歩いているときにそうなってしまう事があるけど、せめて車を運転しているときには絶対に起きてほしくないと思うのだが、大丈夫だろうか?
自分自身の体が自分の思い通りにならないというのは、年を追うごとに多くなっているが例えば風邪をひいたときの咳とかくしゃみなども前兆がなくてそのあと止まらなくなるのもこういうのに似た話なのか…。
そういえば、起床するときも目覚ましを使わなければ定時に起きることは出来なくなった。